KIZNAサポート便り【第二回】~初心者向け前衛デッキ編成のススメ~

いつも【戦国炎舞 -KIZNA-】を遊んでくださりありがとうございます!

戦国炎舞カスタマーサポートチームの原です!


皆様お待ちかね(であってほしい)の「デッキ編成のススメ」第二弾は【初心者向け前衛デッキ】を紹介したいと思います!

※この記事はあくまでも個人的にオススメなデッキ作成方法を記載しております。


【初心者向け前衛デッキ】コンボ加算&マウント重視デッキ

~デッキのコンセプト~

■連合全体の攻撃コンボ数を増加させることで敵軍に与えるダメージを増加させる

■「宵闇」で相手の退却時間を長くすることで、こちらの受けるダメージを軽減する

上記2点で連合全体をサポートして、合戦勝利に貢献するデッキです(まさに鉄壁の備え!)


デッキ編成難易度:★★☆☆☆

スキル玉入手難易度:★★☆☆☆

カード入手難易度:★★☆☆☆



まずは前衛で1番大切といっても過言ではないスキルを紹介いたします!

前衛への第一歩は、補助スキル【影武者】を集めることからはじまります。

「影武者」は、退却させられたときに発動することがある補助スキルで、発動すれば即座に退却状態から復帰することができ、行動の機会を阻害されにくくなるため、大変重要な補助スキルです。

複数セットすればそのぶん発動率が上がるので、より退却しにくくなります。

「影武者」を持っているカードはそれほど種類が多くないので、「影武者」を持っているカードを揃えるよりも、錬成を行って影武者のスキル玉を作り、補助スキル継承枠のあるカードに継承するようにしましょう。

「影武者」を持っているカードで1番集めやすいのが [東照大権現]徳川家康(必要P18)です。

このカードを錬成することで影武者のスキル玉を入手することができますよ!

※錬成については、ご自身の判断でお願いしますm(_ _)m

錬成する方法以外にも「影武者」のスキル玉は極錬釜の修練コースや殊勲交換所でも入手できるのでぜひご利用ください。

まずは発動率80%(Lv20を6個)を目標に、最終的には90%以上を目指しましょう!



攻撃スキル【宵闇】は、退却させた相手の「影武者」の発動を防ぐことができる、とても優秀な攻撃スキルで、このスキルの所持数の多さがマウント(※)の取りやすさに繋がります。

※相手を退却させ続けて攻撃しづらい状態にさせることを、マウントを取るといいます

まずは「宵闇」を100発撃てることを目標にスキル玉を集めましょう。

「宵闇」は所持数1つあたり合戦中に5回撃つことができます。



【刹那の太刀】【舞槍薙】【閃耀】の3つはどれも同じ効果で、威力こそ高くありませんが攻撃コンボ数を+5することができる攻撃スキルです。

「宵闇」のスキル玉を優先的に継承したあと、余った継承枠に「刹那の太刀」「舞槍薙」「閃耀」を継承していきましょう。

これらのスキルも、所持数1つあたり合戦中に5回撃つことができます。



【デッキに優先的に成したいカードについて】

「影武者」「宵闇」を保有しているカードを優先的に編成すると、スキルの数を増やしやすくなりますよ!


【通常合戦での立ち回りのコツ】

合戦開始からすぐに「刹那の太刀」「舞槍薙」「閃耀」をどんどん使ってコンボ数を加算しましょう。コンボを増やすことで味方全体のダメージアップに貢献できます!

「宵闇」は、相手が絆奥義などの強力な奥義を発動している際に使うと効果的です...!

相手の退却時間を長くすることで、こちらの受けるダメージを減らすことができます。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前衛デッキは必須スキル【影武者】【宵闇】を集める必要があるため、後衛デッキよりもデッキ編成難易度が高いですが、この記事を参考にしていただけると幸いです。
それでは、次回の記事をお楽しみにお待ちください♪