【天下統一戦・皇】2019年の準々決勝振り返り①


 いよいよ天下統一戦・皇2020が、8月24日(月)から始まります。

炎舞の便りでは開催までの間、昨年大きく盛り上がった天下統一戦・皇2019の決勝トーナメントを振り返っていきます。
今回は決勝トーナメントの内、準々決勝の2試合をご紹介いたします。


【天下統一戦・皇2019】
2019年7月27日(土)/決勝トーナメント 準々決勝①

 [A] 対 [煩悩鳳]


【開発D 猿飛佐助の戦況解説】

■A:奥義構成 回生の妙手暗雲低迷星火燎原暴欲の器和議強行魑魅魍魎不落城→神懸り

■煩悩鳳:奥義構成 星火燎原回生の妙手→電光石化→暴欲の器偃月の型和議強行→猛戦計→不落城→啄木鳥戦法


序盤はAが「回生の妙手」「暗雲低迷」「星火燎原」とコンボを重視した奥義構成だったのに対し、煩悩鳳は「電光石火」「暴欲の器」で合戦P重視の立ち回りをして、Aの星火燎原」が終わった時点で攻撃コンボ差が10,000以上開く形でAがリード、一方合戦ポイントは約4兆Pほど煩悩鳳がリードした状態となりました。

そこから中盤、Aが「和議強行」でポイント差を逆転。終盤120兆P 対 50兆PでAがリードした状態から、最後はA「神懸り」 vs 煩悩鳳「啄木鳥戦法」で、約1000兆P 対 約450兆P まで差を広げ合戦終了。

Aが準決勝へと駒を進めました。


【天下統一戦・皇2019】
2019年7月27日(土)/決勝トーナメント 準々決勝②

 [㊑朧月夜㊑] 対 [勇気凛々]


【開発D 猿飛佐助の戦況解説】

■㊑朧月夜㊑:奥義構成 沖天之勢暗雲低迷暴欲の器星火燎原回生の妙手和議強行精神一到→猛戦計→神懸り
■勇気凛々:奥義構成 暗雲低迷暴欲の器星火燎原回生の妙手不落城下剋上→神懸り→奮起の葵紋一意穿心(延長)


前半は両連合とも「暗雲低迷」「星火燎原」といったコンボ重視の奥義の打ち合いとなり、中盤時点で【㊑朧月夜㊑:約16,000コンボ】【勇気凛々:約10,000コンボ】合戦Pは大きく開きがない状態となりました。

大きく動いたのは終盤、㊑朧月夜㊑「猛戦計」 vs 勇気凛々「神懸り」。ここで㊑朧月夜㊑が火力を活かして「猛戦計」の終了時点で約503兆P 対 約336兆Pと差を付けました。
ラストは神懸り」 vs 「奮起の葵紋」で約800兆P 対 約450兆Pと、㊑朧月夜㊑がさらに差を広げ、合戦延長中に勇気凛々の「一意穿心」が発動するも、惜しくも間に合わずあえなく合戦終了。

㊑朧月夜㊑の勝利となりました。


いかがだったでしょうか。
天下統一戦・皇2019、準々決勝2試合の見どころと解説をお届けいたしました。

次回更新では準々決勝の残り2試合をお届けします!