【攻援賢王戦】2020年の決勝戦振り返り

 



いよいよ第三回攻援賢王戦が、2月22日(月)から始まります!


炎舞の便りでは2月27日(土)の決勝トーナメントまでの間、昨年の攻援賢王戦決勝トーナメントを、開発ディレクターの猿飛佐助の解説とともに振り返っていきます。

今回は決勝トーナメント、決勝戦の試合をご紹介いたします!


※一部連合名が文字化けしている場合がございます。予めご了承ください。


【攻援賢王戦2020】
2020年3月14日(土)/決勝トーナメント 決勝

[✰ᎯᏚᏂ✰] 対 [EL DORADO]


■✰ᎯᏚᏂ✰:奥義構成
天計連環回生の妙手→中国大返し→星火燎原沖天之勢→奥義待ち→偃月の型→全知全攻→風霊合力→消魔の狂宴→暴欲の器神降ろし

EL DORADO:奥義構成
暗雲低迷→天計連環星火燎原→風霊合力→消魔の狂宴→鬼謀奇策→暴欲の器神降ろし霊光明鏡神降ろし

【開発D 猿飛佐助の戦況解説】

開幕は✰ᎯᏚᏂ✰連合は「天計連環」、EL DORADO連合「暗雲低迷」からのスタートです。

「暗雲低迷」中、✰ᎯᏚᏂ✰連合は連舞を積みにいきます。
EL DORADO連合は前衛スキル「宵闇」で妨害をしますが、その後✰ᎯᏚᏂ✰連合は「中国大返し」で応援コンボの巻き返しを図ります。

合戦時間残り約18分30秒、✰ᎯᏚᏂ✰連合の「沖天之勢」中にEL DORADO連合が絆奥義で仕掛けます。
そして合戦時間残り約16分30秒、EL DORADO連合の「風霊合力」が発動。それを見て✰ᎯᏚᏂ✰連合は「偃月の型」で下げにいきます。

「風霊合力」終わりで合戦ポイント 30兆 対 890兆 でEL DORADO連合がリードしています。
その後Ashは「全知全攻」で点差を詰めに行きますが、EL DORADO連合はそれを読み「鬼謀奇策」で防ぎに行きます。

合戦時間残り約10分、✰ᎯᏚᏂ✰連合の「全知全攻」終わり時点で合戦ポイントは 310兆 対 890兆 と依然EL DORADO連合がリードしています。

その後✰ᎯᏚᏂ✰連合は即絆奥義を入れ、EL DORADO連合は「鬼謀奇策」を30秒ほど残して「消魔の狂宴」で消します。
✰ᎯᏚᏂ✰連合の絆奥義発動前に、EL DORADO連合は「暴欲の器」を発動させてさらにポイントをとりにいきます。

合戦時間残り約8分20秒時点で✰ᎯᏚᏂ✰連合の「風霊合力」が発動。
この時点では合戦ポイント 330兆 対 1300兆 とEL DORADO連合大きくリードしていたが、「風霊合力」中に✰ᎯᏚᏂ✰連合が一気に稼ぎ、合戦ポイント 2900兆 対 1400兆 と大きく逆転する。

合戦時間残り約6分、EL DORADO連合の「神降ろし」が発動。
✰ᎯᏚᏂ✰連合は「暴欲の器」で対抗します。

残り5分15秒に✰ᎯᏚᏂ✰連合が「消魔の狂宴」で「暴欲の器」を消し、奥義を入れます。
この間EL DORADO連合が「神降ろし」で点差を詰め、合戦ポイント 3100兆 対 3000兆 とほぼイーブンの状態に。

合戦時間残り約3分30秒、✰ᎯᏚᏂ✰連合の「神降ろし」が発動したタイミングで、EL DORADO連合は合戦ポイントは 3200兆 対 3500兆 で再度逆転!
EL DORADO連合連合の「神降ろし」は発動中で、残り時間は約2分です。

合戦時間残り約1分30秒、「神降ろし」の対決は合戦ポイント 4600兆 対 4800兆 でEL DORADO連合がやや優勢。
ここでEL DORADO連合の「神降ろし」が切れます。

合戦時間残り約1分、EL DORADO連合の「霊光明鏡」が発動し「神降ろし」をコピーします。
しかしEL DORADO連合の発動待機中に✰ᎯᏚᏂ✰連合がポイントを伸ばし、合戦ポイント 6200兆 対 5500兆 で✰ᎯᏚᏂ✰連合が逆転します。

最後の「神降ろし」対決は延長まで続き、
結果は合戦ポイント 7600兆 対 6500兆 と、さらにポイントを伸ばした✰ᎯᏚᏂ✰連合の勝利です!

✰ᎯᏚᏂ✰連合は初の四大大会制覇となり、ここに新賢王が誕生いたしました。




いかがだったでしょうか。
援賢王戦2020、決勝戦の見どころと解説をお届けいたしました。

第三回攻援賢王戦の決勝トーナメントは、2月27日(土)に開催予定です!
今回賢王の座に輝くのはどの連合なのでしょうか。皆様、奮ってご参加ください。